診察案内の一部

アレルギー性鼻炎のレーザー治療

レーザーは、最近ではいろいろな分野にまで用いられるようになりましたが、医療分野にもその適応が広がっています。耳鼻咽喉科の領域でも様々な手術にレーザーが用いられるようになりました。 その中の1つに外来でも手軽に行え、またほとんど痛みや出血もないことから普及してきているのが、アレルギー性鼻炎に対するレーザー治療です。
レーザー手術の対象は、アレルギー性鼻炎、慢性鼻炎など、一年中何か鼻症状を持った人にはよい適応となります。

アレルギー性鼻炎は、内服薬・点鼻薬などで症状をコントロールできることが多いのですが、薬が飲めない方、薬を止めると悪化したり、根本的な治療をしたいという場合にも勧められます。鼻のレーザー手術は、鼻の中の肥厚した粘膜を凝固して変性させることによりアレルギー症状を緩和させる治療です。鼻炎の程度によって1~数回、肥厚した鼻の粘膜を徐々に焼いていくという方法です。これにより、鼻炎症状の中でも特に鼻づまりに対しては、とても良い効果をあげています。また、以前はレーザー手術は通年性アレルギーがその対象とされていましたが、最近では花粉症の方にも応用され施行されています。花粉症の場合、シーズン前に治療すればその季節は症状が軽減されます。しかし、レーザー治療をおこなっても花粉量の多い年にはシーズン中に薬剤が必要になることもあります。

イラスト

PAGE TOP