診療案内の一部 | アレルギー性鼻炎の減感作療法 | ならむらクリニック

診察案内の一部

アレルギー性鼻炎の減感作療法

アレルギー性鼻炎の減感作療法は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、などのアレルギー症状をおこす原因となる物質(アレルゲン)を低濃度から少しづつ注射していき、患者さんの抵抗力を強くしてアレルギー症状を出しにくくする治療法です。
注射は週1回~2回を3ヶ月程度続けた後、週に1回から2週に1回の間隔で注射を続けます。治療効果は早ければ数ヶ月で現れてきます。長期間続けた方が症状・他覚的所見も改善されることが多く、終了までには3年ほどかかります。
アレルギー性鼻炎の減感作療法は時間がかかるため、患者さんの根気がいりますが現状では唯一の鼻アレルギーの長期寛解が期待できる治療法です。
また、スギ花粉症に対する2014年10月より舌下免疫療法薬が開発されています。(当院ではまだ舌下免疫療法はおこなっていません。)


PAGE TOP